1. 一覧
  2. その他

その他

2019.07.15

[第三弾]開発チームKOO Pからのメッセージ

皆さん、こんにちは。『七つの大罪~光と闇の交戦~』のKOO Pです。
 
開発者ノートは、いつも応援してくださる皆さんへの感謝の気持ちを込め、普段お伝えしたかったことを申し上げられる機会ですので、いつもは楽しい気持ちで書いております。
しかしながら、本日のお伝えする内容はちょっぴり重い話題になり、少し複雑な気持ちで書いております。
 
まず、多くのお客様よりコインショップの[〈憤怒の罪(ドラゴン・シン)〉魔神 メリオダス]の性能について多くのお問い合わせをいただいております。

[〈憤怒の罪(ドラゴン・シン)〉魔神 メリオダス]は敵を[感染]させて敵の回復関連能力を無効にさせます。
そして、[点火]効果を累積させて、敵が受けるダメージ量を増やして、[弱点]ダメージを与える必殺技で敵を倒すというスキルの仕組みを持っています。
色々なところで活躍するキャラでも、PVPに強いキャラでもありませんが、チャプター7で登場する特定の殲滅戦にて、際立つ活躍を披露する予定ですので、皆さん楽しみにしていてください。
コインショップでの公開時期が、チャプター7のオープン時期と噛み合わず、たくさんの方々にご不便おかけしましたこと、お詫び申し上げます。


〈チャプター7アップデートで登場予定の新規魔神〉
 
また、最近[貫通率][忍耐率]についてのお問い合わせも増えており、ここでお答えしたいと思います。
ダメージ量の計算式は、色んな効果と環境に影響される複雑な構造で設計されております。
どうすれば分かりやすく説明できるか悩んだ末に、以下のような図を作成いたしました。
 
 
与えるダメージ量の計算過程について簡単に説明しますと、[攻撃力]、[防御力]、[クリティカルヒット]などによるダメージ量をまず計算し、属性と補正値を計算した倍率をかけてから、そこに基礎ダメージを足すことで[与えるダメージ]が決まります。
ここでの基礎ダメージは、[攻撃力]と[貫通率]、[防御力]と[忍耐率]で計算します。
 
最後に、このなかで一番重い話になると思いますが、今は修正されました[【復讐の鬼】 妖精 ヘルブラム]の特殊戦技の二重に適用されている問題についてです。
 
まず、本問題により、ゲームの利用に混乱を招き、ご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。

こちらの問題は、一部の特殊戦技に装備ステータスが適用されなかった問題を迅速に修正する過程で発生した問題で、開発チームとしてもっと慎重に取り組むべきだったと深く反省しております。
サービス開始直後であり、迅速な対応が何より優先と思い、修正に気が取られた結果、修正後の全体的な内容を最初から最後まで再確認する過程に漏れがありました。

最初から問題がないように作ることが最善で、問題があればそれを素早く直すことが次善の策ですが、ここでスピードだけでなく徹底的な検証も重要であることを改めて実感いたしました。
問題の修正過程における再確認プロセスをさらに強化し、今後このようなことのないよう改善してまいります。
改めまして、ゲーム利用にご不便、ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
次回の「開発チームKOO Pからのメッセージ」では、もっと楽しい話題でお会いできますよう、努めてまいります。
最後に、近日公開予定のグラクロ初のオリジナルキャラをここで公開しまして、ご挨拶とさせていただきます。

これからも『七つの大罪~光と闇の交戦~』をよろしくお願いいたします。